So-net無料ブログ作成
検索選択

皮肉 [日常]

入社してすぐ派遣された先の上司が私の事を徹底的に嫌ってくれた。
極端な話、私の一挙手一投足全てに難癖を付けるのである。
何かに「特に無し」と書いたら、「特に無しなら「なし」でいいだろうが!」と
難癖を付けていただいた。

後年読んだ、斬られ役の福本清三さんのご著書のプロフィールに「代表作:なし」
としてあったのは、ご本人の謙遜さもあって実に清々しかったが、会社の用語と
しての特に無しの「特に」は、いわば枕詞の様なもので、枕詞なんて書くと国語の
先生が不適切な例えだと怒るかも知れないけど、特に特にに意味は無いだろう。
本人も分かっていて因縁を付けるのだから、大変始末が悪いので、昭和63年に
言われた難癖を未だに覚えている。

この駄ブログのタイトルを決める際、どうせなら皮肉な題名にしようと思い
「神輿は軽くてパーがいい」
「政策より政局」
「暫定税率の維持は国民の声」
などの候補がスラスラ出てきたが、公職選挙法に触れるといけないから(笑)、
自分の体験にしておいた。

こんな駄ブログのタイトルを深読みされても困るので。
タグ:福本清三
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

安都士

はじめまして 私のブログにコメントをありがとうございました。

私が新卒で入った会社は一年に一度自己申告書というものがあり、そこに「これからやりたいこと」という項目を書く欄がありました。
私もそこに「特になし」と書いたのです。
それをもとに上司と面談があるのですが、それを見た上司は、
「こんな向上心のないことを書くな。おれの査定に響く。なんでもいいからとにかく書け!」
と怒られましたこと思い出しました(笑)

どこの上司もつまらないことで小言いうのだなと懐かしかったです。
by 安都士 (2013-06-30 02:29) 

でぃずれいり

>安都士さん
ありがとうございます。

「おれの査定に響く」は直球で良かったですねぇ^^。
「君の評価が・・・」なんて言う人よりよほど正直で(笑)。





by でぃずれいり (2013-06-30 10:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。